貸事務所の新宿エリア比較サイト

トップ > 貸事務所情報 > 賃料だけなく利用のしやすさなども知る

賃料だけなく利用のしやすさなども知る

 ビジネスを行うには事務所が必要です。設立当初は自宅で創業することがあっても、軌道に乗ってくると都市部に事務所があった方が便利だと感じるでしょう。
 基本的に、都市部に行くほど賃料は高くなるので、賃料負担などは大きくなります。どんどん成長するビジネスなら賃料が高くても都市部に行った方がいいでしょうが、まだ不透明な部分があるなら様子を見る必要もあります。単に賃料だけ、広さだけで探すと、もっといい物件を見逃す可能性があります。


 東京の新宿といえば、オフィス街のど真ん中です。一等地に建つビルもあり、入居しようとするとかなり賃料がかかることもあります。こちらのサイトは、新宿を中心にした貸事務所の情報が得られます。何を見るとよいかなどがわかるので参考にしてみましょう。
 掲載されている情報は、主に空室情報になります。すると、賃料や広さは同じなのに少し差が生じているケースがあります。この場合は、お得な物件を選んだ方が良いでしょう。水回り設備が物件の中に入っているか、共用施設になっているかがあります。中に入っていると、借主が単独で利用できます。同じフロアの他の入居者と共用する必要はありません。
 ただ、清掃や管理がどうなっているかです。物件にもよりますが、掃除などを借主に任せるタイプがあります。つまりは、水回りが入っているとそれらの掃除などを自分たちで行わないといけない場合があります。紙の補充などもしないといけない場合があり負担が増えます。共用なら、貸主が行います。


 シンプルな間取りか複雑な間取りかで使い方が異なります。広さや賃料が同じでも、シンプルな間取りなら机の置き場所などがいろいろ選べます。
 一方、複雑な場合は用途が限られる場合があります。物を置くと狭くなるところは、せっかく空間があるのに何も置けなかったりします。使わなくてもその分賃料を払わなくてはいけません。一見複雑な方が雰囲気がよさそうに感じますが、最初は良くても後から使い勝手に問題が出てくる場合があります。
 それほど広さを必要としないオフィスなら、マンションをオフィス利用できるところを探す方法もあります。会計事務所などの事務所として使われやすい物件があります。
 オフィスのみで使う場合、保証金は賃料の6箇月分などかなり負担があります。マンションだと、敷金が賃料の2箇月分ぐらいです。初期費用を大きく抑えることが可能です。それほど広いオフィスにすることはできませんが、SOHOとして開設するなら、こちらの方がお得かもしれません。

次の記事へ

ページトップへ